内格と外格

命式全体の特質を表すものです。

説明には五行の強弱がポイントとなりますので、その理解があるとスムーズにわかると思います。

内格では弱い五行を助ける五行が吉となります。

逆に強い五行を剋する五行は吉となります。

外格では、そもそも偏ったた五行配分ですので

強い五行を更に強めるという五行が吉となります。

内格は、各五行がバランスよく配当されているものを言います。

ただ、なかなか正五角形になるこはなく、一つの五行が0でも

内格と見ます。

方や、外格は、もともと非常に偏った五行の配当です。

よい・悪いということではなく、その偏りを更に高める五行が重要です。