運命式と各柱

運命式一般の解説
運命星(通変星)
十二運星の意味
年柱・月柱・日柱について
●運命式 例 ○○さんの運命式 1999年2月14日生まれ

蔵干 運命星(天) 運命星(地) 十二運
年柱 食神 印綬
月柱 劫財 劫財
日柱 --- 正財 長生

●運命星(通変星) おもな運勢を判断することができます。

 
元命    象徴
食神星(しょくじん)  食、遊び、財、子供を意味します。
傷官星(しょうかん)  孤独、反抗、職業や夫を剋する意味があります。
偏財星(へんざい)  愛人 流れる財、商売、社交、の意味があります。
正財星(せいざい)  妻 財産、真面目の意味があります。
偏官星(へんかん)    攻撃、戦闘、仁侠の意味があります。
正官星(せいかん)  夫 職業、誠実、発展の意味があります。
偏印星(へんいん)    副業、改良、才能、自由の意味があります。
印綬星(いんじゅ)  母 名誉、知性、芸術の意味があります。
比肩星(ひけん)    自分自身を意味することから自立、独立。
劫財星(ごうざい)    野望、財を奪う、妻を剋するの意味があります。



■十二運星の意味です。主に、日柱・月柱を観ますが、運命星その他と総合判断する必要があります。
長生(ちょうせい)かしこさ、穏やか、はっきり、継承、長生き、発達
沐浴(もくよく)色好み、沈滞、不安定、非継承、学問、技
冠帯(かんたい)自我の固まり、自己中、衝突、でも伸びる、晩年の成功
建禄(けんろく)躍動、自立、家庭的、実力派
帝旺(ていおう)強力、暴君、頂上、名声、スキャンダル、浪費、別れ、自爆
衰(すい)保守的、安全、石橋をたたて割る、疑う心、学者、聖者
病(びょう)神経質、きれい好きすぎる、弱虫、親を大事に、病魔、多才な趣味、優柔不断
死(し)いらち、かざりたてる、意気消沈、学門、信用、夫婦縁希薄、被害者
墓(ぼ)強欲、蓄財、先見の知、一人、祈り、継承、別れ、縁かわり
絶(ぜつ)小心者、激しい感情、乱れる心、続かない、変わり気、謝絶、色情狂
胎(たい)ロマンチック、ムード派、文句言い、人に頼るな、子供の病気、お産、酒が入ると黙れない
養(よう)ひたすら耐える、苦労性、養子、協調性、マザコン、別居

●各柱(年柱・月柱・日柱・時柱)について
時期 暗示
年柱 幼少 先祖・親・故郷・上司
月柱 親・兄弟・友人・所属(元命は自分の象徴)
日柱 日柱(天)干は自分を表す。蔵干(ぞうかん・右側の運命星)は配偶者の座
時柱 晩年 子供・友人・部下・後輩など

戻る